子犬の育て方ガイドマップ

子犬の育て方ガイドマップとは

子犬を迎える瞬間・・・
愛おしくてたまらない生活の始まりですね。
しかし子犬の1日は人間に換算すると2週間以上、最初の1年で人間の16歳に相当する年齢にまで成長すると言われています。

この限られた時間に私たちは何をするべきか、 私たちの行動が愛らしい子犬の未来にどう影響するのか少し考えてみませんか?

子犬の時期に人の手で様々な経験を積ませることを「社会化」と呼びます
私たちはこの「社会化」こそ、人と犬の暮らしを最もハッピーにすることができる最重要項目だと考えています。

このサイトは、犬の一生を左右する幼犬期から一番大変な思春期、そして青年期まで を一流のプロ達が完全ガイドする子犬育てサポートプロジェクトです!

子犬が社会化できるとどうなるの?

以下はストレスを感じて反応してしまう子が多いシーンです。
でも、上手に社会化ができれば、そのようなストレスが少なくなり、安心して人間社会で暮らすことができるようになります。
これは同時に飼い主さまのストレスを軽減することにも繋がるのです。

想像してみてください。

将来、日課のお散歩で行く公園でも、お出かけ先のドッグランでも、怖がることなく他のわんちゃんと楽しく遊んでいる愛犬の姿を。

想像してみてください。

見たことない白い服を着た人に台の上で身体を触られたり、チクッとされたりしても怯えずに堂々と病院に通えている姿を。

想像してみてください。

チャイムが鳴ってお家に知らない人が来ても吠えたりせずに、むしろ安心して自分のハウスでのんびりしていられる愛犬の姿を。

子犬の社会化って何だろう?

これから子犬を迎え、育てていくにあたって、その重要性をお伝えしている「子犬の社会化」とはそもそも何なのかを解説します。

社会化はなんで必要なの?

犬との生活は様々な場面に接します。もちろん良いことばかりではありません。色々な場面を想定しておくことが大切です。

どうしたら社会化はうまくいく?

効果的で精度の高い社会化にはいくつかの条件が必要です。それも、当プロジェクトで解説していきます。

子犬がどのように成長するのか知ろう

社会化への理解を深めてきたところで、次に犬の成長を時系列で見てみましょう。
子犬は成長過程の時期時期によって求められる接し方や環境の特徴が変わります。このような特徴を把握しておくことで、子犬にとってより質の高い社会化を進めることにつながります。
ぜひ、愛犬が今どの時期で、どんな育て方をすべきなのかチェックしてみてください。

新生児期[出生~2週齢]


子犬は生まれてから2週間は、母犬に頼りきっています。
この新生児の時期に、平衡、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの感覚器官が急速に発達します。

移行期[2週齢~3週齢]


子犬は母犬から自立していきます。
感覚器官の発達によって、脳も急速に発達する時期でもあります。

社会化期[4週齢~12週齢]


好奇心の高まりがピークになるのがこの社会化期。
いよいよ他の犬や人間との交流が開始されます。子犬は遊びを通して群の行動や、支配と服従の関係などを学びます。

若齢期[13週齢~6ヶ月]


身体も成長し、運動の能力が発達する時期でもあります。
一方で、今まで優位だった好奇心と警戒心が逆転し始める時期です。

成熟期[6ヶ月以降]


性的に成熟を迎え、交配・出産が可能になる時期です。
オスのマーキングや、メスのヒートが始まります。身体の成長はほぼ完了しますが、精神面や経験は年齢に応じて発達し変化していきます。

子犬の学び場。パピーパーティーに参加しよう!

日本では生後40日前後で多くの子犬たちは親兄弟から離されます。また、日本のワクチンプログラムでは生後4ヶ月までの外出に様々な制約があり、重要な社会化期のタイミングを逃してしまうことが多いです。
家の中で家族としか関わらない生活では、子犬の性格の形成や、様々な刺激への耐性を養う社会化期の意味が薄れてしまいます。
そこで注目されているのが“パピーパーティー”です!
パピーパーティーは、社会化期なのに外出できない子犬たちも参加できる『犬』『人』『環境』に慣れさせる場です。

全国パピーパーティー開催場所MAP

パピーパーティーは、全国様々な場所で開催されるようになってきました。
当サイトでは全国のパピーパーティー開催場所をマップにして掲載しています。
運営する施設によって、カリキュラムは様々です。お近くの施設に問い合わせして、積極的に参加してくださいね。

子犬育ての役立つコンテンツをご用意!

子犬の育て方ガイドマップ
メディアページ

子犬との生活は楽しい反面、考えることも多いですよね。
愛犬を正しい方向へ導いてあげるのも飼い主さんの努めです。
当サイトは、そんな飼い主さんをサポートするために子犬の育て方を中心に、犬との生活を支えるメディアを用意しています。
コラムを執筆するのは、毎日たくさんの犬たちと向き合っている一流のプロです。ご参考ください!